大阪市立大学応援団ブログ

団員の日記と活動報告をアップしていきます。

明日はきっといい日になる

押忍、吹奏部1回生 大森健心です。
ついに1回生初ブログが回ってきました!1回生として最初のブログを任せてくださった筒井さんに感謝してます!ごっつぁんで。


さて、まずは自己紹介を。
僕は大森健心(おおもり けんしん)と申します。
出身は福井県です。福井県って大阪市立大学では珍しいらしく、何があるの?とよく聞かれます。福井県には恐竜とカニ、そして温かい県民のみなさんがいます✨ぜひ観光に!!
好きな食べ物はたこ焼きです。きっとたこ焼きならいくらでも食べれると思います!たこ焼きは別腹ですよね!しかもたこ焼きって自分で作るのも楽しいですよね!(^ ^)
好きなスポーツは球技全般です!野球、バレーボール、テニス、卓球、ラクロスなどなど。実際やるのも、見るのも好きですが、試合となるとついつい負けず嫌いが顔を出して燃えてしまいます!






突然ですが……!ここで『実は僕〇〇なんです』のコーナーです🎉
実は僕…大食いなんです!身長は170cm後半にも関わらず体重は60kg未満といういわゆるガリガリBODYの僕ですが下宿を始めて1食で2合のお米をたいらげることが判明しました!これは事件です!食費がかかってかかって大変なんです……しかし優しい応援団の上回生のみなさんはそんな僕をたくさんご飯に連れてってくださいます!ほんとうに助かってます(^ ^)改めてお礼を、ごっつぁんで!




『どうして君は応援団に入ったの』入団式などで上回生、OBさんによく聞かれます。僕は応援団の魅力は3つあると思うんです。
1.今しかできないこと
誰かを堂々と大声出して応援することって学生である今の時期しかできないと思うんです!学ランを着たり、チアコスを着たり、今しかできないことを今やらないわけにはいきませんよね!
2.試合の観戦ができること
僕も中高と選手としてスポーツと関わってきて、感動する試合をたくさん経験してきました。優勝した時、表彰された時の感動は何年経っても忘れるものではありません。そのような感動シーンを大学でも応援団として応援を通して共有できることってすごく幸せじゃないですか!(^ ^)
3.交流が広いこと
僕たち応援団はたくさんの人を応援するのでその分交流もたくさんあります!試合の時だけでなく日頃の空きコマや休日を応援を通して仲良くなった人と過ごせることって応援団にしかできないことです!田舎から1人で大阪に出てきた僕にとって大学でたくさんの友人を作ることは最大の目標ですしそれを達成できるのが応援団に入ることだと思いました。





今は三商戦にむけて多くのことを覚えなければならなくて大変ですが、ステージや試合応援で応援団員として自分が輝けるように下を向かず前だけ見つめて進んでいきたいと思います!






最後に、今朝7時58分に大阪府北部を震源とする地震が起きました。通勤通学の時間ということもあり多くの人が地震の影響を受けました。まだまだ不安が続きますが、身の安全を確保して気をつけて過ごしましょう。この地震で亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。



次のブログはその寛大な心で僕たち1回生をかわいがってくださる副団長の野口さんに回そうと思います。野口さんよろしくお願いします!






20180618145201413.jpg
スポンサーサイト
  1. 2018/06/18(月) 14:52:57|
  2. 団員リレーブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

釣りのススメ

押忍。リーダー部2回生の筒井有生です。
ついに蓬台さんに真面目「系クズ」であることがバレてしまいました…
というのも最近、授業にはちゃんと出席しているものの、睡魔との戦いに敗れるばかり、そろそろ気合いを入れ直さないと、期末試験で地獄を見る羽目になりそうですね…笑
頑張ります。

さて、今回は僕の趣味「釣り」についてみなさんにPRしたいと思います!
釣りといえば、ずーっと待ってるだけだというイメージをお持ちの方が多いと思います、が!実はそうではありません!
実際は、水深や底の起伏、潮の満ち引き、等々、周りの状況を考慮して様々な手を打つことがほとんどなので、釣れなくてもそこまで暇ではありません!
そしてそうやって自分の立てた戦略で魚が釣れると本当に嬉しい気持ちになります!
この文を読んだら釣りは難しいものだと思われるかもしれませんがご心配なく!案外適当にやれば何かしら釣れます。笑
是非気軽にチャレンジしてみてください!楽しいですよ!

次はついに!待望の!1回生!!
の中で1番クセが強い(と僕が勝手に思っている)大森に回します!
お楽しみに!

ちなみに写真はずっと前に釣った大物です。

2018061314224592a.jpg
  1. 2018/06/13(水) 14:23:07|
  2. 団員リレーブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

府大戦 (´。・ω・。`)


こんにちは、バトン部二回生の渡邊栞です。

6月9日、10日で府大戦が行われました。
私は二日間でソフトボール部さん、準硬式野球部さん、硬式野球部さんの応援に行かせて頂きました!

これは応援団の方にしか分からないと思うのですが、府大戦は色んな部活さんが一斉に試合をするので分散応援という形で団員が分散して色んな部活さんの応援をさせてもらうんです(`・ω・´) 🇯🇵
そのため、1つの応援をする人数がいつもより少ないのです。

特にソフトボール部さんの応援に行った時は12人といういつもの半分以下の人数で応援させて頂いたのですが、少ないからといって選手さんに届くパワーもいつもの半分以下というわけにはいきません💪✨
ひとりひとりがいつもの倍以上声を出して全力で応援しました!!ソフトボール部さんの勝利はソフトボール部さんの力ですが少しでも応援団が尽力出来ていたなら幸いです☺️☘

そして硬式野球部さんの試合では府大の應援團と応援合戦が出来て嬉しかったです!!!🐰


そして他に特筆すべきは初の試みである合同チア💃
閉会式では、ライバルとして戦った府大のチアリーダー部の二回生とコラボでスタンツダンスを披露させて頂きました( ᷇࿀ ᷆ )✨⭐️
お互い忙しい中少ない合同練習で合わせての本番だったのですが、いい刺激になり、仲も深まり、とてもいい機会でした☆彡
府大のチアリーダー部には可愛い一回生も入ってくれたので2人とも是非いつか合同でスタンツが出来たらなぁと思います!( つ˙ω˙ )つ
チアリーダー部の3人、ありがとうございました🍒💫


この2日間の応援で、私が感じたのは「自分は団員の数に甘えているのではないだろうか」ということでした。

市大より少ない人数の府大のファイティングや応援を見たり、少ない人数の応援を経験したりして、私は普段無意識に自分の責任を小さくしていたのかなあと感じました( ‘o’)💦
ソフトボール部さんの応援の際「人数少ない!頑張ろう!」といつもより大きな声で応援出来てしまったことがダメだなぁと思います。その声が出るなら普段から出すべきですから📣😌いつも全力で応援しなければ応援団とは言えないと思います( ﹡ˆ ˆ﹡ )


反省を活かしさっそく意識改革致しましたので次の応援ではパワーアップした渡邊をお見せします!!!お楽しみに!!!私自身が死なない程度に頑張ります!!!


と、ハードルをあげたところでブログを締めたいと思います◎


20180611105431424.jpg
  1. 2018/06/11(月) 10:54:58|
  2. 活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ボート部さん応援‼︎📣🚣‍♀️

こんにちは!
バトン部三回生の石田です。

先日、6月3日ボート部さんの応援に行きました!
なかなか応援に行くことができないボート部さんの応援に行くことがやっとできてとても嬉しかったです(*>ω<*)

結果は、
女子対抗クォド、誉は惜しくも約一艇身差で二着
男子対抗エイト、薫風は惜しくも二着
でした。
しかし、男子三商エイト、煌は見事優勝‼︎
目の前をものすごい勢いで通り過ぎて、ものすごくカッコ良かったです‼︎

バトン部はレースとレースの間に、ハーフタイムショーとしてスタンツダンスをさせていただきました(((o(*゚▽゚*)o)))♡
たくさんの人が見てくださいました。

ボート部さんも一緒に応援していただきました!白銀の翼をみんなで肩を組みながら歌って応援でき良かったです☆写真はお気に入りの一枚です。こんな風に私達応援団だけではなく、周りの人達も巻き込んでできる応援をこれからもどんどんできたらいいなあと思いました‼︎ᕦ(ò_óˇ)ᕤ

ボート部さんは西日本選手権がもうすぐあります。残念ながら応援に行くことはできないですが、気持ちだけでも届けることができるよう、普段の練習から頑張っていきたいと思います。
ボート部さん、頑張ってください‼︎📣
2018060423030942a.jpeg
  1. 2018/06/04(月) 23:03:26|
  2. 活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

押忍、リーダー部3回生の蓬台です。
今年から法学部のゼミが始まり、毎週月曜日は学校を出るのが8時ぐらい(ちなみに、4限目の授業です)という生活を送っています。あと1年間苦しめられそうです。
しかし、ただ苦しいだけではなく、たまには興味深いときがあるんです!
それは「なにコレ!?」と思える事件に出会った時です。この世の中には色々なタイプの人が生活しています。だからこそ、時には不思議な事例に出会う時があります。
前回の宮武のリレーブログは僕ら一般人には到底関係ない内容なので、僕は関係なさそうで関係ある判例をあげようと思います!

勘違い騎士道事件
イギリス人男性(以下、被告人)は夜の帰宅中、酔っていた女性とそれをなだめる男性がいました。少しもめてしまったようで、女性が倉庫の鉄製シャッターにぶつかって尻餅をついてしまいました。その時、女性は「Help me! Help me!」とふざけて言いました。被告人は女性が男性から暴行を受けていると勘違いし、助けに行きました。これをなだめていた男性は被告人が襲ってくると思い、拳を胸のあたりに持ってきました。さらに、これを被告人は男性が襲ってくると勘違いし、自分と女性を守るという英国騎士道に基づき、男性の顔面向かって回し蹴りをしました。これを食らった男性は8日後に死亡しました。

そば屋業務妨害事件
とあるそば屋さんの営業を妨害するために、被告人は電話をかけまくりました。しかも、その電話は終始無言。店側からしたら、気持ち悪いですよね。ですが、その回数が異常なんです!なんと3ヶ月の間に約970回!もちろん、業務妨害罪で起訴され、有罪が確定しています。一体何がしたかったんでしょうね?謎です…

残念事件
戦前のお話です。慰謝料請求権は本人しか請求できない権利です。なので、本人以外の人、例えば友人はこれを主張することはできません。そして、本人のみに関する権利であることから、相続することも戦前は許されていませんでした。しかし、これでは残された遺族がかわいそうということで、「慰謝料を請求する意思を表示している死亡したときは、これを相続して請求できる」と当時の大審院は決めました。そこで、どの言葉が「慰謝料を請求する意思を表示している」のかが重要になってきます。
実際に死ぬ間際に「残念」と言って亡くなった事例があり、大審院はこれを「意思あり」とし、相続を認めました。
しかし、「口惜しや」、「向こうが悪い」と言った事例には認められませんでした。これだと最期の一言を考えながら、生活しなければなりませんね。現在の裁判所は「慰謝料請求権を放棄したと認められなければ、相続できる」としていますので、よっぽどのことを言わない限りは大丈夫です!

他にもまだまだありますが、このブログに載せるのが適切ではない事例なので、自粛しています。
最近は、6月1日から刑事実務において、協議合意制度や刑事免責制度が始まったり何かと日本の制度が変わりつつあります。皆さんもこのブログを機に、法律やそれにまつわる時事に興味を持っていただければ幸いです。

次は団内1の真面目系クズの筒井に回したいと思います。
  1. 2018/06/04(月) 20:04:58|
  2. 団員リレーブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ